Flash Playerの設定の読み込みが止まる

下記画像のように、Flash Playerの設定画面の読み込みが止まってしまった(左上のぐるぐるし続ける)場合の対応をご紹介します。

1. URL左横のアイコンからFlash Playerを許可

(1) アイコン((i)マークの場合もあり)をクリックして
(2) 「このサイトでは常に許可」

繰り返しになりますが、アイコンが鍵ではなく(i)マークの場合がございますのでご注意ください

2. 「再読み込み」ボタンをクリック

最後に、「再読み込み」ボタンが表示されるのでクリックしてください。

Skype英会話でのトラブル

Q. 講師からSkypeのコールがかかってこなかった

Skypeにて、講師からの「連絡先追加のリクエスト」は承認いただいておりますでしょうか。
承認がない場合、講師から架電ができませんので、Skype上の通知からご承認ください。

承認いただいているにも関わらず、架電がない場合は、登録しているSkype情報が正しいか今一度ご確認いただけませんでしょうか。
  ※ Skype名の確認方法はこちら

上記2点に問題がない場合は、レッスンを再手配いたしますので事務局までお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


Q. レッスンの途中でSkypeが切れてしまった

大変申し訳ございません。 レッスンを再手配いたしますので、事務局までお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

音読が制限時間内にできない

慣れないうちはかなりハードに感じられるかと存じます。
見本と同じスピードで流暢に音読できない要因としては次の2つが考えられます。

  1. 不適切な箇所にpauseを入れている
  2. 不必要な箇所を強調して発音している
     

1. 不適切な箇所にpauseを入れている

例えば日本語で「私は英語の勉強をしています」という文章を読み上げる際、
"わたし、はー、英語のー、勉強をー、してー、います"
のようにpause(、)や強調(ー)が入ることによって発音として違和感が生じ
見本と同じ速度で読みあげられなくなります。


2. 不必要な単語を強調して発音している

英語では、「内容語(=文意に直接関わる単語)」を強く延ばすように発音し、
その他の機能語(="a"などの冠詞や、"to"などの前置詞)は発音しない場合が多々あります。


自分の録音と比較して、どの部分で時間がかかってしまっているかを分析し修正することが
英語の音の理解/習得につながりますので、弊社では「見本音声と同じ速度で話す練習」を推奨しております。

どうしても難しい場合は、学習画面右上の「設定」から、録音時間を延ばせますのでお試しください。

録音ができない

Flashプレイヤーの設定画面にて、マイクの音量調整をお試しください。
まず、Flashの設定画面にて、マイクのアイコンをクリックしてください。

マイクの設定画面が開けたら、マイクに向かって話しかけてください。
マイクを通じて音声がとれているならば、設定画面左のゲージが垂直方向に上下します。
(反応が鈍い場合、録音ボリュームのツマミを右にスライドさせてください)

ゲージが動いているにも関わらず録音ができていない場合は、
機器が正しく接続されていない、機器が対応していない
もしくはChromeからマイク利用の許可がされていない可能性がございます。
下記URLを参考に設定をご確認ください。
https://support.google.com/chrome/answer/2696491?hl=ja

Flash Playerの設定をしても先に進めない

まず、PCにマイクが接続/内蔵されているかご確認ください。
マイクが接続/内蔵されていない場合、先へ進みません。

ノートPCをご利用の場合、マイクが内蔵されていない場合がございますので、マイクの音量確認画面よりお確かめください。

マイクが接続/内蔵されているにも関わらず進めない場合、以下に回避方法を記載いたしますので、恐れ入りますが順番にお試しいただければ幸いです。



< 回避方法1 >
http://www.macromedia.com/support/documentation/jp/flashplayer/help/settings_manager02.html
上記URLの「グローバルプライバシー設定パネル」から
「常に確認」をクリックし、さらに「確認」を選択した上で
学習サイトに再びアクセスしてみてください。

img1504081236.png

< 回避方法2 >
http://www.macromedia.com/support/documentation/jp/flashplayer/help/settings_manager06.html
上記URLの「Webサイトのプライバシー設定パネル」から
「すべてのサイトを削除」をクリックし、さらに「確認」を選択した上で
学習サイトに再びアクセスしてみてください。