mpiパートナー教室向け利用規約

この規約は、コトバンク株式会社(以下「甲」といいます)が提供するRepeaTalk(以下「本サービス」といいます)を利用する、mpiパートナー教室(以下「乙」)に適用されます。

本サービスをご利用する場合、本規約に同意することとします。本規約にご同意いただけない場合、本サービスを利用することはできません。

コトバンクは、予告及び会員の承諾なく、この規約を改訂することができるものとします。但し、会員は、この規約の最新版を、本ページにて閲覧することができます。

第1条(用語の定義)

本契約において次の用語は、それぞれ次の意味を有するものとする。

  1. 「乙顧客」とは、本サービスを利用する乙の顧客をいう。

  2. 「利用者」とは、本サービスを利用する乙顧客および乙の従業員をいう。

  3. 「本システム」とは、甲が運営する「RepeaTalk」と称するアプリケーション群をいう。

  4. 「利用者端末」とは、利用者が本サービスを利用するために使用するパーソナルコンピュータその他端末機器をいう。

  5. 「識別符号」とは、本サービスを利用するためのID、パスワードをいう。

 

第2条(本サービスの内容)

  1. コンテンツ
    本サービスで乙顧客が利用可能な教材は、乙顧客が購入済みの株式会社mpi松香フォニックスの教材に限るものし、未購入の教材を本サービス上で利用することは認められない。また、本サービスで利用するコンテンツに関する一切の権利は、著作権を有する株式会社mpi松香フォニックスに帰属する。

  2. 本サービスの利用可能時間
    保守時間等特別な場合を除き、本サービス提供期間中、24時間利用できる。ただし、第4条により、甲が本サービスの提供を中止または停止する場合は、この限りではない。

  3. 操作に関する問合せ
    甲営業日の13:00~18:00で受け付ける。本サービスの環境設定、操作方法、障害等について、以下の問い合わせフォームで問合せることができる。
    【問い合わせフォーム】http://repeatalk-info.net/contact-student

  4. 動作保証
    甲は乙及び乙顧客の個別の端末環境による動作保証をしない。

第3条(利用者等による不正使用)

乙は、乙顧客による識別符号の使用上の過誤または第三者による不正使用等について、利用開始前に乙顧客および利用者に対して注意喚起を行う等、当該行為の防止に努めるものとする。

 

第4条(本サービスの提供の一時中断・停止)

甲は、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、会員に対して事前の通知をすることなく、本サービスの利用を一時的に中断まだは停止する場合がある。

  • システムの保守、システム障害対応、天災等の不可抗力、その他技術上の理由により本サービスを中断する必要があると判断した場合

  • 本サービスの変更、機能拡張を行う場合

  • その他、甲が停止または中断を必要と判断したとき

 

第5条 (本サービスの申し込み)

乙は本サービスを利用する際、必要事項記入のうえ甲指定の申し込み方法により甲に送付するものとする。本注文に対する甲から乙への受領通知により、本注文の内容に基づく個別契約が成立したものとする。また、乙顧客は本サービスの利用にあたり、次の利用規約( https://repeatalk-info.net/user-terms )に同意するものとする。

 

第6条(支払い)

  1. 甲は、前条に基づき計算される利用料およびこれに係る消費税相当額を書面にて乙に請求するものとする。

  2. 乙は、前項の請求書に記載された請求金額を、甲が指定する期日までに甲指定の銀行口座に振り込み、その際の振込手数料は乙が負担するものとする。

 

第7条(契約の解除)

甲および乙が次の各号のいずれか一つにでも該当したときは、相手方はなんらの通知・催告を要せず、直ちに本契約の全部または一部を解除できるものとする。甲および乙は、各号のいずれかに該当したときは、当然に期限の利益を失い相手方に対して負担する一切の金銭債務を直ちに弁済するものとする。

  • 乙がmpiのパートナー教室でなくなったとき

  • 手形または小切手が不渡りとなったとき

  • 差押え、仮差押え、仮処分または競売の申し立てがあったとき、もしくは租税滞納処分を受けたとき

  • 破産、会社更生手続き開始または民事再生の申し立てがあったときまたは清算に入ったとき

  • 解散、合併または事業の全部もしくは重要な一部の廃止の決議をしたとき

  • 監督省庁から営業の取消・停止処分等を受けたとき、または転廃業しようとしたとき

  • 本契約に基づく債務を履行せず、相手方から相当の期間を定めて催告を受けたにもかかわらず、なおその期間内に履行しないとき

 

第8条(届け出事項の変更)

乙がmpiのパートナー教室でなくなった場合は、甲が指定する方法で直ちに甲に連絡するものとする。また、生徒の人数や情報に変更があった場合は、直ちに甲の指定した方法により登録情報の変更手続きを行うものとする。変更が遅れたことにより生じた損害については、甲は責任を負わない。

 

第9条(準拠法・裁判管轄)

この規則及び甲乙の関係は、日本国法によって解釈される。また、東京地方裁判所を第一審の専属管轄とする。